離婚制度と周辺要因

年々増加している離婚の数ですが夫婦によって理由は様々で、時には自分達には離婚する気は無いのに周囲がその原因を作るケースも有りそれは昔ながらの生活のスタイルから起きる事も決して少なくはありません。良い例が姑とのトラブルでそれが離婚に発展するケースでこれは本人達の意思は全く関係無く起きてしまうトラブルとも言え、現在は核家族も少なくなり減少はしてきています。

今のが離婚の周辺要因の典型的な例ですが、他にも周辺とのトラブルが原因で離婚する夫婦も少なくなく本人達の意思が全く無視されているケースは意外に多く、仕事でのストレスから家庭環境が悪くなりそれが離婚に繋がるケースも有りますし、例をあげたらキリが有りません。

しかし日本の離婚制度も他の国に比べたらかなり複雑な物が有りますので、多くの人が結婚よりも離婚の方が10倍のエネルギーがかかると言われる程日本は至る手続きが複雑で法治国家である反面、書類手続国家とも言えるでしょう。そして未だに家柄重視と言う家が多く、それも離婚の周辺要因になる場合も多く不本意な離婚を誘発する原因の一つとも言われています。

その面ではヨーロッパの国々は結婚観にはある程度自由な部分が有りますので、基本的には離婚と言う考えは少なくパートナーと言う視点で見ますので、自分にふさわしいパートナーを見つけやすい環境と言う点では日本よりも進んでいるとも言えるでしょう。